論文・学会発表リスト(2008年以降)

2021


論文

  1. “A Molecular Probe with Both Chromogenic and Fluorescent Units for Detecting Serine Proteases” Kirara Ishida, Yushi Nakamura, Tetsuo Ohta, Yohei Oe, Molecules, 202126, 482. doi:10.3390/molecules26020482
  2. “Transitions among Cracking, Peeling and Homogenization on Drying of an Aqueous Solution Containing Glucose and Starch”, Hikari Baba, Risa Yoshioka, Satoshi Takatori, Yohei Oe, and Kenichi Yoshikawa, 2021, 59, 1011. doi.org/10.1246/cl.210009
  3. “ルテニウムやロジウム錯体による隣接した官能基をもつオレフィンの異性化反応” 中村祐士,服部弘一,古川功,大江洋平,太田哲男,同志社大学ハリス理化学研究報告,2021, 62(2), 71-78.

学会発表

  1. “Ir触媒を用いたアミノ酸のモノアルキル化反応およびその応用” 中村祐士・田中 優衣・太田哲男・大江洋平, 第101日本化学会年会
  2. “二つの異なるプロテアーゼ検出ユニットを併せもつ分子プローブの開発” 石田星月,中村祐士・太田哲男・大江洋平, 第101日本化学会年会
  3. “長鎖アルキル鎖を有するピアノ椅子型ルテニウム錯体の合成及び水中での挙動” 若林美賢・中村祐士・太田哲男・大江洋平, 第101日本化学会年会
  4. “長鎖アルキル鎖を有するピアノ椅子型ルテニウム錯体の合成と水中での挙動” 若林美賢・中村祐士・太田哲男・大江洋平, 第41回有機合成若手セミナー.
  5. 19F-NMR による生体アミン類の一斉分析を目指したレポーター分子の合成とその利用” 角畑京介・中村祐士・太田哲男・大江洋平, 第41回有機合成若手セミナー.
  6. “Ir触媒を用いた無保護アミノ酸の直接的 N-モノアルキル化反応” 中村祐士・田中優衣・大江 洋平・太田 哲男,第67回有機金属化学討論会

 

2020


論文

  1. “K+ promotes the favorable effect of polyamine on gene expression better than Na+” Takashi Nishio, Kaito Sugino, Yuko Yoshikawa, Michiaki Matsumoto,Yohei Oe, Koichiro Sadakane and Kenichi Yoshikawa, PLOS ONE, 2020, 15(9): e0238447. doi:10.1371/journal.pone.0238447

学会発表

  1. “長鎖アルキル鎖をもつサンドイッチ型ルテニウム錯体の合成と水中での挙動” 若林美賢・中村祐士・大江洋平・太田哲男, 第100日本化学会年会
  2. “二種類の酵素活性の同時検出を目指した新規分子プローブの開発” 石田星月,鎮西愛,中村祐士・大江洋平・太田哲男, 第100日本化学会年会
  3. “Irが触媒する無保護アミノ酸のN-モノアルキル化反応” 中村祐士・田中優衣・大江洋平・太田哲男, 第100日本化学会年会
  4. “小型蛍光分子プローブを用いる酵素活性の定量分析” 大石渚・門田有賀里・中村祐士・大江洋平・太田哲男, 第100日本化学会年会
  5. “チオール類検出のための呈色試験紙開発に向けた検討” 吉村華乃・中村祐士・大江洋平・太田哲男, 第100日本化学会年会

 

2019


論文

  1. “A simple quantitative chiral analysis of amino acid esters by fluorine-​19 nuclear magnetic resonance using the modified James-​Bull method” Naoto Hamaguchi, Yuta Okuno, Yohei Oe, Tetsuo Ohta, Chirality, 2019, 31, 34-40. doi:10.1002/chir.23028
  2. Ruthenium-catalyzed hydroxyethylation of cyclic amines with ethylene glycol” Yushi Nakamura, Shuhei Tomioka, Yohei Oe, Tetsuo Ohta, Heterocycles, 2019, 98, 1074 – 1088. doi: 10.3987/COM-19-14129

  3. “Alkylation of the Methyl Group of 2-Methylquinolines and Similar Methyl-N-Heteroaromatics with a Ru/In Dual Catalyst” Yushi Nakamura, Akihiro Azuma, Soichiro Kato, Yohei Oe, Tetsuo Ohta, Chemistry Letters, 2019, 48, 1192-1195. doi: 10.1246/cl.190488

学会発表

  1. “二種類の酵素活性の同時検出を目指した新規分子プローブの開発” 石田星月・大江洋平・太田哲男, 第99日本化学会年会
  2. “キモトリプシン活性検出のための小型蛍光分子プローブの合成” 門田有賀里・大江洋平・太田哲男, 第99日本化学会年会
  3. “二つの含フッ素基をもつリポーター分子を用いた19F-NMRシフトの二次元プロットを利用する第一級アミン類の識別” 濵口尚斗・池田茉佑・大江洋平・太田哲男, 第99日本化学会年会.
  4. “含フッ素ベンズアルデヒドを用いた生体アミンの一斉19F-NMR定量分析に関する研究”  濵口尚斗・原田篤志・多田羅健太・大江洋平・太田哲男, 第99日本化学会年会
  5. “第一級アミンを用いたアリルアルコール類のC-C二重結合へのヒドロアミノ化反応” 大坊雅人・中村祐士・大江洋平・太田哲男, 第99日本化学会年会
  6. “Ru/In触媒によるヘテロ芳香族側鎖メチル基のアルコールをアルキル化剤とするアルキル化反応” 東亮浩・加藤聡一朗・大江洋平・太田哲男, 第99日本化学会年会
  7. “エチレングリコールを用いた環状アミン類のヒドロキシエチル化反応” 中村祐士・富岡周平・大江洋平・太田哲男, 第39回有機合成若手セミナー
  8. “ルテニウム触媒を用いるヘテロ芳香族側鎖のアルキル化” 太田千尋・中村祐士・大江洋平・太田哲男, 第39回有機合成若手セミナー
  9. “単純な蛍光分子プローブの合成とそれを用いたキモトリプシン活性の評価” 門田 有賀里・大石 渚・大江 洋平・太田 哲男,第32回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2019)
  10. “ルテニウム触媒を用いる第一級アミンのアリルアルコールへのヒドロアミノ化反応” 大江洋平・大坊雅人・中村祐士・太田哲男, 第66回有機金属化学討論会.
  11. “”Borrowing Hydrogen”方法論に基づくエチレングリコールを用いた環状アミン類のヒドロキシエチル化” 中村祐士・富岡周平・大江洋平・太田哲男, 第66回有機金属化学討論会.
  12. “Michael付加ー脱離反応を利用するチオール類の選択的可視化および定量分析に向けた検討” 吉村華乃・博多屋美智・中村祐士・大江洋平・太田哲男, 第9回CSJ化学フェスタ2019.
  13. “Ir触媒を用いた無保護アミノ酸の水中でのN-モノアルキル化反応” 田中優衣・中村祐士・大江洋平・太田哲男, 第9回CSJ化学フェスタ2019.

 

2018


論文

  1. “Selective N-mono-alkylation of 6-aminouracils with alcohols: An environmentally benign protocol for synthesis of 6-alkylaminouracils” Anggi Eka Putra, Yohei Oe, Tetsuo Ohta, European Journal of Organic Chemistry, 2018, 392–397. doi:10.1002/ejoc.201701445
  2. “A Formal anti-Markovnikov Hydroalkoxylation of Allylic Alcohols with a Ruthenium Catalyst”, Yushi Nakamura, Tetsuo Ohta, Yohei Oe, Chemistry Letters2018, 47, 288. doi:10.1246/cl.171104
  3. “Mechanistic Analysis and Characterization of Intermediates in the Phosphane-​Catalyzed Oligomerization of Isocyanates”, Julian Helberg, Yohei Oe, Hendrik Zipse, Chemistry – A European Journal, 2018, 24, 14387-14391. doi:10.1002/chem.201804016

学会発表

  1. “Ru触媒とIn触媒を協奏的に利用するヘテロ芳香族の側鎖メチル基のアルキル化反応”, 大江洋平,太田哲男,第98日本化学会年会
  2. “A study on simultaneous 19F-NMR analysis of primary amines using fluorine-containing benzaldehyde”, 濱口尚斗,横山実希,太田哲男,大江洋平,第98日本化学会年会
  3. “Selective N-Alkylation of amines with ethylene glycol via Borrowing Hydrogen process”, 冨岡周平,太田哲男,大江洋平,第98日本化学会年会
  4. “Ru 触媒とIn 触媒を協奏的に利用するヘテロ芳香族類の側鎖メチル基のアルキル化反応” 大江洋平, 東亮浩, 太田哲男,第65回有機金属化学討論会.
  5. “銅が触媒するアリルアルコール類とマロノニトリル類とのカスケード反応による多官能性アミド類の合成” 中村祐士, 中嶋康博, 大江洋平, 太田哲男,第65回有機金属化学討論会.
  6. N-(5-Fluoro-2-formylphenyl)trifluoroacetamide for Discrimination of Amines by 19F NMR” Naoto Hamaguchi, Mayu Ikeda, Yohei Oe, Tetsuo Ohta, IKCOC-14.

 

2017


論文

  1. “Ruthenium-​catalyzed selective synthesis of monoalkylated barbituric acids through “borrowing hydrogen”, methodology”, Putra, Anggi Eka; Oe, Yohei; Ohta, Tetsuo, Tetrahedron Letters 2017, 58, 1098-1101. doi:10.1016/j.tetlet.2017.01.070
  2. “Preparation of Isocyanoaryllithiums via Halogen–Lithium Exchange Reaction and Their Reaction with Various Electrophiles”, Yohei Oe, Takashi Miyamoto, Yoshihiko Ito, Tetsuo Ohta, Chemistry Letters, 2017, 46, 1763-1765. doi:10.1246/cl.170831

学会発表

  1. “新規ピレンボロン酸の合成と糖類存在下での蛍光挙動の検討”,濱口尚斗,谷口陽介,太田哲男,大江洋平,第97日本化学会春季年会
  2. “不均一系ホスフィン触媒を用いたビニルホスホニウム塩を経由するα-アミノ酸誘導体の合成”, 大江洋平,上村優希,八塚優,高木理沙,森清隆,太田哲男,第97日本化学会春季年会
  3. “Lipaseによる速度論的光学分割を鍵としたMOM 保護されたカテコール基を有する光学活性オキシランの合成”, 山東里桜,大江洋平,太田哲男,第97日本化学会春季年会
  4. “Ru触媒を用いたアルコールをアルキル化剤とする環状ウレア類のC-アルキル化反応”,岡崎一志,宮崎真太朗,Anggi Eka Putra,太田哲男,大江洋平,第37回有機合成若手セミナー
  5. “アリルアルコールのC-C二重結合へのヒドロアミノ化:Borrowing Hydrogenアプローチ”,大坊雅人,中村祐士,高木優作,太田哲男,大江洋平,第37回有機合成若手セミナー
  6. “タンパク質分解酵素検出を目的とした新規FRET型分子プローブの合成と有用性評価”,里深聖良,塩野勇人,奥田知夏,大江洋平,太田哲男,森陽一,第7回CSJフェスタ2017.
  7. 19F-NMRによる含フッ素ベンズアルデヒド類とのイミン形成を鍵とした第一級アミン類の一斉分析に関する検討”,濵口尚斗,横山実希・太田哲男・大江洋平,第7回CSJフェスタ2017.
  8. “第一級アミン類の19F-NMRキラル分析への含フッ素o-ホルミルフェニルボロン酸類の利用”,濵口尚斗,奥野雄太,太田哲男,大江洋平,第7回CSJフェスタ2017.
  9. “Borrowing Hydrogen法によるDiene類とAllyl alcohol類による新規Diels-Alder反応の開発”,北野志帆,中村 祐士,太田 哲男,大江 洋平,第7回CSJフェスタ2017.

 

2016


論文

  1. “Borrowing Hydrogen法による効率的分子変換反応:複素環化合物の選択的アルキル化反応とアミノアルコール類の合成”, 中村 祐士, Anggi Eka Putra, 大江 洋平, 太田 哲男, 有機合成化学協会誌, 2016, 74, 1182. doi:10.5059/yukigoseikyokaishi.74.1182
  2. ”Ru(OCOCH3)2(BINAP) を用いる不飽和カルボン酸の不斉水素化反応:2.反応の様子”, 太田哲男,大江洋平,高谷秀正,ハリス理化学研究所報告,57, 57–67 (2016). doi:10.14988/pa.2017.0000014609
  3. ”Ru(OCOCH3)2(BINAP) を用いる不飽和カルボン酸の不斉水素化反応:2.反応機構の考察”, 太田哲男,大江洋平,高谷秀正,ハリス理化学研究所報告,57, 68–75 (2016). doi:10.14988/pa.2017.0000014610

学会発表

  1. “Ruが触媒するアリルアルコール類のanti-Markovnikov型ヒドロアルコキシ化反応”,  中村祐士,太田哲男,大江洋平,第96日本化学会春季年会
  2. “新規ピレンスルホン酸の合成とポリアミン類存在下での蛍光挙動の検討”, 濱口尚斗,太田哲男,大江洋平,第96日本化学会春季年会
  3. “Iridium-catalyzed N-alkylation of 6-aminouracils with alcohol”, PUTRA, Anggi Eka; OE, Yohei; OHTA, Tetsuo, 第96日本化学会春季年会.
  4. “アリルアルコール類とマロノニトリルの反応による α-シアノ-4-ペンテン酸アミド類の合成”, 中嶋康博,中村祐士,太田哲男,大江洋平,第96日本化学会春季年会
  5. “Ru/Lewis酸触媒を用いるアルコール類とアセタール類からの非対称型エーテルの合成”, 上田亮,尾中亮太,太田哲男,大江洋平,第96日本化学会春季年会
  6. “Ru-Catalyzed Anti-Markovnikov Hydroamination and Hydroalkoxylation of Allylic Alcohols on the Basis of “Borrowing Hydrogen” Methodology”, Y. Nakamura, T. Ohta, and Y. Oe, 20th International Symposium on Homogeneous Catalysis.
  7. “ルテニウム触媒を用いるベンゾピラン類の合成”, 宮崎真太朗,Anggi Eka Putra,大江洋平,太田哲男,第36回有機合成若手セミナー
  8. “PS-PPh2を触媒とする不均一系でのα-アミノ酸誘導体の合成”, 八塚優,上村優希,森清隆,高木理沙,大江洋平,太田哲男,第36回有機合成若手セミナー
  9. “ボロン酸を有する新規ピレン類の合成と糖存在下での蛍光挙動の検討”,  濱口尚斗,谷口陽介,太田哲男,大江洋平,第36回有機合成若手セミナー
  10. “酸塩基相互作用を利用したエキシマー傾向による食品中のポリアミン検出”,濱口尚斗,中村康貴,瀬野若葉,太田哲男,大江洋平,第36回有機合成若手セミナー
  11. “Ruが触媒するアリルアルコール類のAnti-Markovnikov型ヒドロアルコキシ化反応”,  中村祐士・太田哲男・大江洋平,第63回有機金属化学討論会
  12. “有機ボロン酸のアルデヒドへの1,2-付加を鍵とする光学活性アミノアルコールの収束型合成”, 山口昌紀・佐藤茉緒・河合雄人・太田哲男・大江洋平,第6回CSJフェスタ2016.
  13. “Trypsin活性検出に特異的なトリペプチドを介したFRET型蛍光分子プローブの合成”,  塩野勇人・里深聖良・太田哲男・大江洋平・森 陽一, 第6回CSJフェスタ2016.
  14. “Ru-BINAP触媒による不飽和カルボン酸の不斉水素化における反応機構の考察”, 太田哲男・大江洋平,第54回ハリス理化学研究所研究報告会

 

2015


論文

  1. “Pd​/C-​Catalyzed Alkylation of Heterocyclic Nucleophiles with Alcohols through the “Borrowing Hydrogen” Process”, Putra, Anggi Eka; Oe, Yohei; Ohta, Tetsuo, European Journal of Organic Chemistry, 2015, 7799-7805. doi:10.1002/ejoc.201501030
  2. “Synthesis of RuCl2(xantphos)​L (L = PPh3, P(OPh)​3, DMSO) complexes, and their catalytic activity for the addition of carboxylic acids onto olefins”, Higashi, Shoko; Takenaka, Hiroto; Ito, Yoshihiko; Oe, Yohei; Ohta, Tetsuo, Journal of Organometallic Chemistry, 2015, 791, 46-50. doi:10.1016/j.jorganchem.2015.04.016
  3. “A formal anti-​Markovnikov hydroamination of allylic alcohols via tandem oxidation​/1,​4-​conjugate addition​/1,​2-​reduction using a Ru catalyst”, Nakamura, Yushi; Ohta, Tetsuo; Oe, Yohei,  Chemical Communications, 2015, 51, 7459-7462. doi:10.1039/C5CC01584G
  4. “Palladium-​catalyzed arylation of aldehydes with bromo-​substituted 1,​3-​diaryl-​imidazoline carbene ligand”, Yamamoto, Tetsuya; Furusawa, Takuma; Zhumagazin, Azamat; Yamakawa, Tetsu; Oe, Yohei; Ohta, Tetsuo, Tetrahedron, 2015, 71, 19-26. doi:10.1016/j.tet.2014.11.051
  5. “Palladium-​Catalyzed Hydroxymethylation of Aryl- and Heteroarylboronic Acids using Aqueous Formaldehyde”, Yamamoto, Tetsuya; Zhumagazin, Azamat; Furusawa, Takuma; Tanaka, Ryoji; Yamakawa, Tetsu; Oe, Yohei; Ohta, Tetsuo, Advanced Synthesis & Catalysis, 2014, 356(17), 3525-3529. doi:10.1002/adsc.201400845

学会発表

  1. “ルテニウムが触媒するアリルアルコール類の位置選択的ヒドロアミノ化反応”, 中村祐士,大江洋平,太田哲男,第62回有機金属化学討論会
  2. “光学活性フェロセン配位子をもつパラジウム錯体触媒を用いたエキソメチレン類への有機ボロン酸の不斉1,4-付加反応”, 林大介,前田泰明,福田翼,山崎梨沙,大江洋平,太田哲男,  第62回有機金属化学討論会
  3. “スペーサーを介したスルホン酸部位をもつピレン類の合成とポリアミン類存在下での蛍光挙動の検討”,  濱口尚斗,中村康貴,太田哲男,大江洋平,第5回CSJ化学フェスタ2015
  4. “Ru-Catalyzed Regioselective Hydroamination of Allylic Alcohols”, Yushi Nakamura, Yohei Oe, Tetsuo Ohta, The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13).
  5. “Alkylation of Heterocyclic Compounds with Alcohols by Pd/C-Catalyzed “Borrowing Hydrogen””, Anggi Eka Putra, Yohei Oe, Tetsuo Ohta, The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13).
  6. “Ruthenium-catalyzed alkylation of barbituric acids with alcohols: A simple, green, and efficient protocol of barbituric acids alkylation” Anggi Putra, Yohei Oe, Tetsuo Ohta PACIFICHEM.

 

2014


論文

  1. “An efficient synthesis of 2,​3-​diaminoacid derivatives using phosphine catalyst”, Oe, Yohei; Kishimoto, Hiroaki; Sugioka, Nahoko; Harada, Daisuke; Sato, Yukio; Ohta, Tetsuo; Furukawa, Isao, International Journal of Organic Chemistry, 2014, 4(3), 189-194. doi:10.4236/ijoc.2014.43021

学会発表

  1. “鈴木カップリング反応と分子内環化による対称ジエステル類の非対称化”, 井上裕紀子,大江洋平,太田哲男,第94日本化学会春季年会
  2. “ビス(イミノ)ピリジン配位子で修飾されたルテニウム錯体が触媒するアリルアルコール類のanti-Markovnikov型ヒドロアミノ化反応”,  中村祐士,大江洋平,太田哲男,第94日本化学会春季年会
  3. “リン触媒を用いる電子不足アルキンとフタルイミドの反応によるアミノ酸およびアミノケトン誘導体の合成”, 小林航,林大介,  岸本博昭,原田大輔,古川功,大江洋平,太田哲男,第94日本化学会春季年会.
  4. “Ether Synthesis from Acetals and Alcohols with Ruthenium/Lewis Acid Catalyst System”,  R. Ueda, R. Onaka, Y. Oe, T. Ohta, The XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC2014).
  5. “Anti-Markovnikov Hydroamination of Allylic Alcohols with Ruthenium Catalysis”, Y. Nakamura, Y. Oe, T. Ohta, The XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC2014). 
  6. “Synthesis of Optically Active β-Amino Alcohols by Asymmetric “Borrowing Hydrogen”, A. E. Putra, Y. Oe, T. Ohta, 8th Singapore International Chemistry Conference.

 

2013


論文

  1. “Transition-​Metal-​Catalyzed Regioselective Alkylation of Indoles with Alcohols”, Putra, Anggi Eka; Takigawa, Kei; Tanaka, Hatsuki; Ito, Yoshihiko; Oe, Yohei; Ohta, Tetsuo, European Journal of Organic Chemistry, 2013, 6344-6354. doi:10.1002/ejoc.201300744
  2. “Ruthenium-​Catalyzed Enantioselective Synthesis of β-​Amino Alcohols from 1,​2-​Diols by “Borrowing Hydrogen””,  Eka Putra, Anggi; Oe, Yohei; Ohta, Tetsuo, European Journal of Organic Chemistry, 2013, 6146-6151. doi:10.1002/ejoc.201300692

発表

  1. “ビニルホスホニウム塩を経由したアミノ酸誘導体合成とその立体選択性”, 小林航,岸本博昭,増田敦,古川功,大江洋平,太田哲男,第93日本化学会春季年会.
  2. “ルテニウム触媒を用いるアルコール類とアセタール類からのエーテル合成法の開発”, 尾中亮太,大江洋平,太田哲男,第93日本化学会春季年会
  3. “ルテニウムが触媒するアリルアルコール類のanti-Markovnikov型ヒドロアミノ化反応”, 中村祐士,大江洋平,太田哲男,第93日本化学会春季年会.
  4. “遷移金属触媒を用いたアルコールをアルキル化剤とするインドール類の位置選択的アルキル化反応” Putra, Anggi,滝川慶,田中葉月,伊藤嘉彦,大江洋平,太田哲男,第93日本化学会春季年会
  5. “非対称NHC-Pd触媒を用いるアリールボロン酸のカルボニル化合物への求核付加反応”, 山本哲也,古澤拓馬,大江洋平,山川哲,太田哲男,第93日本化学会春季年会
  6. “ルテニウムが触媒するアリルアルコール類のanti-Markovnikovヒドロアミノ化反応”, 中村祐士,大江 洋平,太田 哲男,第60回有機金属化学討論会
  7. “ルテニウム触媒を用いたアセタール類とアルコール類からのエーテル合成反応”,大江洋平,尾中 亮太,上田 亮,太田 哲男,第60回有機金属化学討論会.

 

2012


論文

  1. “Three-Component Coupling Catalyzed by Phosphine: Preparation of a-Amino g-Oxo Acid Derivatives”, Y. Oe, T. Inoue, H. Kishimoto, M. Sasaki, T. Ohta, and I. Furukawa, Int. J. Org. Chem., 2, 111-116 (2012). doi:10.4236/ijoc.2012.22017

学会発表

  1. ネギ黒斑病病原菌Alternaria Porriの代謝生産物(Ap-3, Zinnimidine, Porritoxin)の全合成”,  垣添浩人・松満菜摘・辻村悠・大西慶一朗・大江洋平・太田哲男, 第2回CSJ化学フェスタ.
  2. “Synthesis of Optically Active β-Amino Alcohol from 1,2-Diols via Borrowing Hydrogen Methodology”, Anggi Eka Putra, Yohei Oe, Tetsuo Ohta, The 12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-11).

 

2011


論文

  1. “キトサン、D-(+)-グルコサミン誘導体を配位子とする金属錯体触媒存在下でのジエチル亜鉛の芳香族アルデヒド類への触媒的不斉付加反応”, 太田哲男、前田憲輝、久次米亮、大江洋平、山下隆之、古川功、同志社大学理工学研究報告、52, 113-126(2011). doi:10.14988/pa.2017.0000012467
  2. 遷移金属触媒を用いた酸素・窒素・炭素求核剤のオレフィンへの付加反応に関する研究.大江洋平・東翔子・太田哲男、有機合成化学協会誌、2011, 69, 118-128 . doi:10.5059/yukigoseikyokaishi.69.118
  3. “Tandem olefin migration-​aldol condensation in water with an amphiphilic resin-​supported ruthenium complex”, Oe, Yohei; Uozumi, Yasuhiro, Synlett (2011), (6), 787-790. doi: 10.1055/s-0030-1259689

学会発表

  1. “パラジウムによる有機ボロン酸の不斉求核付加反応の反応機構に関する一考察”, 太田哲男,吉村昇,田中結依,鈴間喜教,大江洋平, 第91日本化学会春季年会
  2. “タングステン触媒によるホモアリルアルコールからの酸化-異性化反応を経由したα, β-不飽和ケトンの合成”, 大江洋平,樋田壮真,遠藤友浩,遠藤聡,太田哲男,第91日本化学会春季年会.
  3. “ルテニウム触媒を用いるオレフィンからのアルコール合成”,  東翔子,大江洋平,太田哲男,第91日本化学会春季年会

 

2010


論文

  1. “Addition reaction of 2-​phenylbenzoic acid onto unactivated olefins catalyzed by Ru(II)​-​xantphos catalysis”, Oe, Yohei; Ohta, Tetsuo; Ito, Yoshihiko, Tetrahedron Letters, 2010, 51, 2806-2809. doi:10.1016/j.tetlet.2010.03.052
  2. “One-Pot Reductive N-Alkylation with Carbonyl Compounds to Tertiary Amines via Borane Reduction of Imines”, M. Tokizane, K. Sato, Y. Sakami, Y. Imori, C. Matsuo, T. Ohta, and Y. Ito, Synthesis, 2010, 36-42. doi:10.1055/s-0029-1217076

学会発表

  1. “銅触媒を用いたカルボニル化合物とアセタール類のアルドール型反応 “, 西川亮, 大江洋平, 太田哲男,第90日本化学会春季年会.
  2. “キラルリン酸触媒を用いたホウ素エノラートを経由する不斉Mannich型反応”,  時實昌史,柳博之,伴野由季,山本貴之,大江洋平,太田哲男,第90日本化学会春季年会.
  3. “ネギ黒斑病病原菌の代謝生産物であるZinnimidineの全合成”,  辻村悠・大西慶一郎・大江洋平・太田哲男,  第90日本化学会春季年会.
  4. “Pd触媒を用いた有機ホウ素化合物のカルボニル化合物への付加反応”, 山本哲也・大江 洋平・太田 哲男・山川哲,  第57回有機金属化学討論会.
  5. “銅触媒を用いた単純ケトンとアセタール類のアルドール型反応”, 大江洋平,西川亮,太田哲男,第57回有機金属化学討論会.
  6. “フェロセニルホスフィンをもつパラジウム触媒による芳香族ボロン酸のα,β-不飽和カルボニル化合物への不斉付加反応”, 太田哲男,鈴間喜教,田中結依,大江洋平,第57回有機金属化学討論会.
  7. “オレフィンの水和反応を目指したルテニウム触媒に関する研究”, 東翔子,大江洋平,太田 哲男,第57回有機金属化学討論会.
  8. “Efficient ring opening reaction of oxa- and aza-bicyclic alkenes catalyzed by palladium with ferrocene-based phosphine ligand”, T. Ohta; Y. Suzuma; Y. Oe,  PACIFICHEM.
  9. “Synthesis and catalytic activity of novel xantphos-Ru complexes for addition of carboxylic acids onto olefins”, Y. Oe; S. Higashi; H. Takenaka; T. Ohta; Y. Ito,  PACIFICHEM.

 

2009


論文

  1. “Asymmetric 1,4-Addition of Organoboronic Acids to a,b-Unsaturated Ketones and 1,2-Addition to Aldehydes Catalyzed by Palladium Complex with Ferrocene-Based Phosphine Ligand”, Y. Suzuma, S. Hayashi, T. Yamamoto, Y. Oe, T. Ohta, and Y. Ito, Tetrahedron:Asymmetry, 2009, 20, 2751-2758. doi:10.1016/j.tetasy.2009.11.025
  2. “Palladium-catalyzed 1,2-addition of alkylborane reagents to aldehydes “, Yamamoto, Tetsuya; Okabe, Taro; Iizuka, Michiko; Ito, Yoshihiko; Oe, Yohei; Ohta, Tetsuo, Science and Engineering Review of Doshisha University, 201050(4), 159-163. doi:10.14988/pa.2017.0000012059
  3. “二価のルテニウムを用いたヘテロ求核剤のスチレンへの付加反応”, 大江洋平・太田哲男・伊藤嘉彦、同志社大学理工学研究報告、50, 94-99 (2009). doi:10.14988/pa.2017.0000011759 
  4. “Addition reaction of arylboronic acids to aldehydes and a,b-unsaturated carbonyl compounds catalyzed by conventional palladium complexes in the presence of chloroform”, T. Yamamoto, M. Iizuka, H. Takenaka, T. Ohta, Y. Ito, J. Organomet. Chem., 2009, 694, 1325-1332. doi:10.1016/j.jorganchem.2008.12.032

学会発表

  1. “ルテニウム触媒を用いるヘテロ求核剤のオレフィンへの付加反応に関する研究”, 東翔子, 竹中洋登, 大江洋平, 太田哲男, 日本化学会第89春季年会.
  2. “銅触媒を用いた炭素求核剤のオレフィンへの付加反応”, 新川慶, 大江洋平, 太田哲男”, 日本化学会第89春季年会.
  3. “フェロセン配位子を用いたパラジウム触媒によるボロン酸のビシクロアルケン類に対する不斉付加反応”, 鈴間喜教, 大江洋平, 太田哲男, 日本化学会第89春季年会.
  4. “ホウ素エノラートを経由する不斉Mannich型反応”, 柳博之, 時實昌史, 大江洋平, 太田哲男, 日本化学会第89春季年会.
  5. “Addition Reaciton of Heteroatom Nucleophiles onto Olefins Catalyzed by Ru-Xantphos Complexes”, Yohei Oe, Hitoto Takenaka, Shoko Higashi, Tetsuo Ohta, Yoshihiko Ito, OMCOS15.
  6. “Asymmetric Mannich-Type Reaction via Boron Enolate”, Masashi Tokizane, Hiroyuki Yanagi, Yohei Oe, Tetsuo Ohta,  OMCOS15.
  7. “Asymmetric Addition Reaction of Organoboronic Acid to Bicyclic Alkenes Catalyzed by Palladium with Ferrocene-Based Phosphine Ligand”, Yoshinori Suzuma, Yohei Oe, Tetsuo Ohta,  OMCOS15.
  8. “Palladium-Catalyzed Addition Reaction of Organoboron Compounds to Aldehydes and α, β-Unsaturated Carbonyl Compounds”, T. Yammamoto, M. Iizuka, H. Takenaka, T. Okabe, Y. Oe
    T. Ohta, Y. Ito, OMCOS15.
  9. “ルテニウム触媒を用いるヘテロ求核剤のオレフィンへの付加反応に関する研究”, 東翔子,竹中 洋登,大江洋平,太田哲男,伊藤嘉彦,第56回有機金属化学討論会
  10. “ホウ素エノラートを経由する不斉Mannich型反応”,時實昌史,柳博之,大江洋平,太田哲男,第56回有機金属化学討論会.
  11. “フェロセン配位子を用いたパラジウム触媒によるビシクロアルケン類に対する有機ボロン酸の不斉付加反応”,鈴間喜教,大江洋平,太田哲男,第56回有機金属化学討論会
  12. “Asymmetric Addition Reaction of Organoboronic Acid to Bicyclic Alkenes Catalyzed by Palladium with Ferrocene-Based Phosphine Ligand”,  Yoshinori Suzuma, Yohei Oe, and Tetsuo Ohta, The 11th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-11).
  13. “Asymmetric Mannich-Type Reaction via Boron Enolate”, Masashi Tokizane, Hiroyuki Yanagi, Yohei Oe, Tetsuo Ohta, The 11th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-11).
  14. “Addition of Heteroatom Nucleophiles onto Olefins Using Ru-Xantphos Catalyses”, Yohei Oe, Hitoro Takenaka, Shoko Higashi, Tetsuo Ohta, Yoshihiko Ito, The 11th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-11)

 

2008


論文

  1. “Asymmetric reduction of racemic 2-isoxazolines”, M. Tokizane, K. Sato, T. Ohta, and Y. Ito, Tetrahedron: Asymmetry, 2008, 19, 2519-2528. doi:10.1016/j.tetasy.2008.11.005
  2. “銅触媒を用いた炭素求核剤のオレフィンへの付加反応 “, 新川慶, 大西紀子, 宮本崇史, 太田哲男, 伊藤嘉彦, 同志社大学理工学研究所報告, 2008, 48, 221-227. doi:10.14988/pa.2017.0000011306
  3. “Highly efficient heterogeneous aqueous Kharasch reaction with an amphiphilic resin-​supported ruthenium catalyst”, Oe, Yohei; Uozumi, Yasuhiro, Advanced Synthesis & Catalysis (2008), 350(11+12), 1771-1775. doi:10.1002/adsc.200800359

学会発表

  1. “Asymmetric Intramolecular Cyclization of Olefinic Oxygen Nucleophiles Catalyzed by Taransition Metal Complexes”, Yohei Oe, Yohei Kataoka, Akio Honda, Tetsuo Ohta, Isao Furukawa, Yoshihiko Ito,  ISIS-5
  2. “Addition Reaciton of Heteroatom Nucleophiles onto Olefins with New Xantphos-Ru Complexes”, 大江洋平, 竹中洋登, 東翔子, 太田哲男, 伊藤嘉彦, 第55回有機金属化学討論会

 

Published in 1996-2007