日本化学会第102春季年会の発表です。

初出場も多いので、頑張って発表してもらいたいと思います。

3/24

長鎖アルキル基が置換したCp系配位子をもつ新奇ルテニウム錯体の合成と利用
○片岡 豪、原 謙太郎、中村 祐士、太田 哲男、大江 洋平

長鎖アルキル基を備えたη6ーarene配位子を有する新奇ルテニウム錯体の合成と水中での触媒反応
○若林 美賢、中村 祐士、太田 哲男、大江 洋平

3/25

“Borrowing Hydrogen方法論に基づくグリセロール誘導体をアルキル化剤とするC-C結合形成反応”
○赤井 晴葵、中村 祐士、大江 洋平、太田 哲男

“データ解析に基づくTLC分析におけるフェノール類のRf値の予測”
○中村 祐士、渡部 瑞綺、太田 哲男、大江 洋平